記事タイトルの決め方!キーワードに共通点が無い時には記事を分けよう!

記事のタイトルを決定する時は、可能な限りを選定したキーワードを入れた方がよいです。

しかし、あまりにもキーワードの内容がかけ離れている場合には、別個の記事で書いた方が良い場合もあります。

今回はタイトルに含むキーワードの選別基準について、解説していきます。

キーワード選別の例

例えば、ハリーポッターのダンブルドアについての記事を書くとします。

ダンブルドアで調べた際のサジェストとしては、下記のようなものが表示されますね。

  • 過去
  • 家族
  • 強さ
  • 魔法

キーワードを全て含んだタイトルを作ることはできますが、統一感の無いものになってしまいます。

 

キーワードを詰め込んだタイトル例
ダンブルドアの過去や家族は?強さや持っている杖で使える魔法についても

 

実際の記事の内容についても、話があっちこっちに飛んでしまうので、読んでいる側も混乱してしまいます。

 

これらのキーワードを用いるのであれば、共通点のあるキーワードを選別して記事を分けた方がよいです。

文章構成としても統一感が出て、読者も混乱せずに読むことが出来ますね。

今回の例で言えば、以下のようなタイトルで2つの記事を作ります。

 

 

記事1つ目

ダンブルドア校長の過去が悲惨?兄弟などの家族関係についても

(「過去」「家族」というキーワードを選別し、この2つと統一感のある「兄弟」というワードをピックして加えています)

 

 

記事2つ目

ダンブルドア校長の強さは作中最強?杖の名前や使える魔法についても

(「強さ」「杖」「魔法」というキーワードを選別し、この3つと似た「最強」というワードをピックして加えています)

 

キーワードの選別基準

キーワードの選別基準は、慣れの部分が大きいです。

自分でキーワードのターゲット層が異なると感じたら、記事を分けていきましょう。

先ほどの選別例もコレが絶対正解!という訳ではありません。

 

しかし、全てのキーワードを無理やり入れて、とっ散らかった記事を書くよりは確実にアクセスが集まると自負しています。

私が実践した限りでは、2つの記事に分けてそれぞれでキーワード上位を狙った方がアクセスは増え、同ジャンルの記事として回遊率も上がることがデータで出ています。

 

難しく考える必要はなく、統一感の無いキーワードを無理矢理詰め込まないようにだけ注意です!

検索した人にとって読みやすい記事構成になっているか?ということを常に意識するようにしましょう。

もしタイトルの付け方に悩んだ場合には遠慮なく質問してください!

メールの送信はこちらから

 

がつおの公式LINE@

LINE@では記事ネタの提供やブログノウハウに加えて、ブログについての音声相談や記事添削の募集を不定期で配信しています。

また、LINE@に登録すると以下のような特典が受け取れます!
気になった方は、ぜひ友達追加をお願いいたします。

特典1:4ヶ月で月収10万を達成したブログノウハウの公開

LINE@登録者限定で、ブログのノウハウ資料をまとめたサイトを公開します。

サイトでは、4ヶ月で月収10万を達成した際のノウハウを全て解説。
現在でも私が実践しており、放置で月30万円達成した際にも使っていた手法です。

特典2:最高16万PV!1記事10,000PV越えキーワードの紹介

私が過去に1記事で1万PV以上を稼いだ記事のキーワードのまとめです。

ジャンルについても、映画・ドラマ・アニメ・ゲームetcと多数!
もちろん、4ヶ月で月10万円、放置で月30万円達成した際の記事についても紹介しています。


また、この記事では私のキーワード選定時の思考を解説しています。
つまり、1万PVを越えるキーワードを選定した際の頭の中が全て見れるということ。

当時は私のブログのドメイン力も非常に弱かったため、始めたばかりの方でも実践できます。

特典1とあわせて、月10万を達成できる内容となっています。

特典3:節約術の限定公開

私が普段活用している
  • Amazonの買い物を10%安くする裏技
  • ソシャゲの課金を15%安くする裏技
について、解説した記事をみることができます。