記事内文章の作り方例!書く内容はタイトルとの統一性を重視すべき!

「記事を書く際にどういった内容を書けばよいかわからない」

特にブログを始めたばかりの人が持つ悩みかと思います。

 

記事の文章を書くにあたって最も重要なことは、タイトルとの統一性を持たせることです。

しかし、ブログに慣れて来た方でも、これが出来ていないことは意外と多いです。

今回は記事タイトルと内容との統一性について私の考えを述べていきます。

記事の内容とタイトルとの統一性

検索者が知りたい内容を予想する

記事には、ネタ探しの過程で選定したキーワードを含んだタイトルを付けているかと思います。

今回は以下のタイトルの記事を例として、タイトルと記事内容の統一性について解説していきます。

 

タイトル例:女優〇〇のデート写真がかわいい!彼氏は誰?

  • 「〇〇 デート 写真」
  • 「〇〇 デート かわいい」
  • 「〇〇 デート 誰」
  • 「〇〇 彼氏 誰」

検索者が記事にアクセスして本当に知りたいことは、上記のワードに関する話だと仮定できますね。

それゆえに、記事の内容は上記のワードに即したものにする必要があるのですが、意外とこれが出来ていない人が多いです。

タイトルと統一性のない内容の例

例えば、先ほどのタイトルの記事内に、女優〇〇の出演作品を書いたとします。

女優に関する情報でもあり、記事のコンテンツも増えているため、一見は良いように見えます。

 

しかし、「彼氏」について知りたい検索者にとって、女優〇〇の「主演作品」については全く興味が無いわけです。

そもそもその女優について検索している時点で、出演作品などについてはある程度知っている可能性もあります。

 

さらに、こういった検索者の需要に関係の無い情報をを記事の冒頭に挿入している人も多く見られます。

最悪の場合、読み始めに関係ないことが書いてある=読む価値のないブログ と判断され、離脱されてしまう可能性まであります。

 

ここでポイントになるのが検索者の気持ちになって考えること。

書き手の立場で良かれと思って書いたことが、逆効果になることもあります。

タイトルと統一性のある文章

逆に記事を読むことで生まれる需要を満たす文章を書くことで、検索者の満足度は上がります。

先ほどの例で言えば、女優の彼氏である俳優について詳しく書くのは、タイトルと統一性のあるコンテンツです。

検索者が「彼氏が誰か?」を知ったあとに発生する需要は、「その彼氏はどんな人か?」だと考えられますね。

 

それゆえに、その彼氏の素性について書いておけば、検索者の需要を満たすことができます!

1000字を越えるのであれば、別記事で作成して内部リンクで飛ばす戦略も良いですね。

 

このようにタイトルと記事の内容を統一することで、記事を最後まで読んでもらえる確率はグッと上がります。

離脱率が下がるということは、回遊率のアップにも繋がるため、PV数が連鎖的に伸びる可能性もあります。

記事を書くことに慣れてきたら、タイトルとの統一性についても気を配ってみてください!

 

がつおの公式LINE@

LINE@では記事ネタの提供やブログノウハウに加えて、ブログについての音声相談や記事添削の募集を不定期で配信しています。

また、LINE@に登録すると以下のような特典が受け取れます!
気になった方は、ぜひ友達追加をお願いいたします。

特典1:4ヶ月で月収10万を達成したブログノウハウの公開

LINE@登録者限定で、ブログのノウハウ資料をまとめたサイトを公開します。

サイトでは、4ヶ月で月収10万を達成した際のノウハウを全て解説。
現在でも私が実践しており、放置で月30万円達成した際にも使っていた手法です。

特典2:最高16万PV!1記事10,000PV越えキーワードの紹介

私が過去に1記事で1万PV以上を稼いだ記事のキーワードのまとめです。

ジャンルについても、映画・ドラマ・アニメ・ゲームetcと多数!
もちろん、4ヶ月で月10万円、放置で月30万円達成した際の記事についても紹介しています。


また、この記事では私のキーワード選定時の思考を解説しています。
つまり、1万PVを越えるキーワードを選定した際の頭の中が全て見れるということ。

当時は私のブログのドメイン力も非常に弱かったため、始めたばかりの方でも実践できます。

特典1とあわせて、月10万を達成できる内容となっています。

特典3:節約術の限定公開

私が普段活用している
  • Amazonの買い物を10%安くする裏技
  • ソシャゲの課金を15%安くする裏技
について、解説した記事をみることができます。