【記事作成効率化のコツ】文章構成のテンプレート化とおすすめの構成について

記事の作成を速くするためには、作業をテンプレート化していきましょう。

記事は毎日のように量産するものですから、書くたびに文章構成を悩むのは時間の無駄です。

今回は文章構成のテンプレート化について解説していきます。

文章構成のテンプレート化の利点

文章構成のテンプレ化の一番のメリットは、記事作成時間の削減です。

記事を書くたびに話の流れや締め方を考えるのは大変ですし

完成後の細かい調整だったりで、文章構成を気になりだすと無駄に時間が潰れることがあります。

構成をテンプレ化することで、この時間を削減することができます。

 

また、読み手にとってもメリットはあります。

文章構成がある程度定まっているブログは、必要な情報がどこにあるのか把握しやすくなります。

記事の文章構成が安定していれば、読み手が安心して読めるという訳ですね。

よくブログにアクセスしてくれる人がいれば尚更です。

オススメの文章構成

私が推薦している文章構成は下記のようなものです。

  1. 導入文章
  2. 見出し×3~4ほど
  3. 記事内まとめ

それぞれ順に説明していきます。

導入文章

記事の導入にあたる部分です。

ここで書くべき要素は記事で書く内容についての説明です。

まずは大元となるメインのキーワードを説明し、さらに具体的なキーワードを取り上げます。

最後は「今回は〇〇についての情報をまとめていきます」のように決まった言い回しで締めることが出来ますね。

 

導入文章の例

ついにスマブラが発売され、話題になっていますね。

その中でも特に注目されているのが、どのキャラが強いのか ということ。

今回はスマブラの強キャラについての情報をまとめていきます。

 

見出し

選んだキーワードに関する内容を順に書いていきます。

書く優先度はユーザーが最も知りたいこと(メインのキーワード)についてです。

 

見出しは各250~300字程度で3~4つがちょうどいいですね。

今回の例で言えば見出しで書く内容はこのような感じになりますね。

 

見出しの例

見出し1=スマブラの強キャラは誰?

見出し2=スマブラの強キャラかもしれないキャラは?

見出し3=スマブラの強キャラの条件は?

 

記事内まとめ

記事の最後には、今まで記載した内容をまとめます。

1000文字以上ある文章ですから、要約はあった方が親切ですね。

重要な要素を箇条書きで3つほどまとめるのがオススメです。

>>【記事内まとめ戦略】ブログ記事を読みやすくしながら文字数を増やす方法

 

また、記事内まとめを設置する一番のメリットは記事の締め方をテンプレ化できることです。

基本的には「最後まで読んでくださり、ありがとうございました!」といった感じの挨拶で締めておけば問題ありません。

 

今回の例では以下のような感じになります。

 

記事内まとめの例
  • スマブラの強キャラはマリオ
  • ルイージも強いかも
  • 強キャラの要素はジャンプ攻撃が強いこと

以上、スマブラの強キャラについてのまとめでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

がつおの公式LINE@

LINE@では記事ネタの提供やブログノウハウに加えて、ブログについての音声相談や記事添削の募集を不定期で配信しています。

また、LINE@に登録すると以下のような特典が受け取れます!
気になった方は、ぜひ友達追加をお願いいたします。

特典1:4ヶ月で月収10万を達成したブログノウハウの公開

LINE@登録者限定で、ブログのノウハウ資料をまとめたサイトを公開します。

サイトでは、4ヶ月で月収10万を達成した際のノウハウを全て解説。
現在でも私が実践しており、放置で月30万円達成した際にも使っていた手法です。

特典2:最高16万PV!1記事10,000PV越えキーワードの紹介

私が過去に1記事で1万PV以上を稼いだ記事のキーワードのまとめです。

ジャンルについても、映画・ドラマ・アニメ・ゲームetcと多数!
もちろん、4ヶ月で月10万円、放置で月30万円達成した際の記事についても紹介しています。


また、この記事では私のキーワード選定時の思考を解説しています。
つまり、1万PVを越えるキーワードを選定した際の頭の中が全て見れるということ。

当時は私のブログのドメイン力も非常に弱かったため、始めたばかりの方でも実践できます。

特典1とあわせて、月10万を達成できる内容となっています。

特典3:節約術の限定公開

私が普段活用している
  • Amazonの買い物を10%安くする裏技
  • ソシャゲの課金を15%安くする裏技
について、解説した記事をみることができます。