Gimpを使った画像切り抜きやサイズ変更と文字入力の方法を解説

ブログで画像を使っていると、編集する機会が増えていくと思います。

簡単な編集ならペイントでも可能ですが、作業の効率を考えれば画像編集ソフトを使った方がよいでしょう。

 

画像編集の無料ソフトでは、個人的にgimpをオススメしています。

無料ソフトの中でもダントツで機能が多く使いやすいです。

本記事では、画像切り抜き・サイズ変更などのよく使う編集方法について解説していきます。

gimpのインストール方法

①gimpのホームページにアクセス

https://www.gimp.org/

②「Download directly」をクリック

③インストール

インストール時に言語を選択しますが、ここでは日本語がありません。

しかし、起動時に自動的に日本語に変換されるようになっています。

どれを選んでもよいですが、もし日本語に変換されなかった場合に備えて「English」を選んでおきましょう。

※gimpは定期的にアップデートが行われているため、日本語翻訳が間に合っていない場合があります

日本語にならない場合

①ヘッダメニューの「Edit」>「preference」にアクセス

②「Interface」の「Language」を日本語に切り替える

その後、gimpを再起動することで日本語に表示が変わります。

 

言語を切り替えて、このような表示になっていればOKです。

gimpで画像を切り抜く方法

①ツールボックスから矩形選択をクリック

②画像から切り取りたい範囲をドラッグで選択

ドラッグした箇所は点線で囲まれ、選択範囲になります。

③右クリックメニューから「画像」>「選択範囲で切り抜き」

gimpで画像サイズを変更する方法

①ヘッダーメニュー「画像」>「画像の拡大・縮小」をクリック

②サイズを決めて「拡大・縮小」をクリック

 

デフォルトでは画像の縦横比を維持する設定のため、片方の数値にあわせてもう一方も自動で調整されます。

縦横ともに好きな数値にしたい場合は鎖のマークをクリックすることで自動調整を解除できます。

gimpで画像に文字を入れる方法

ツールボックスから「テキスト」を選択します。

画像の好きな位置をクリックすることで、そこを起点に文字を入力できます。

文字サイズや色はツールオプションから変更可能です。

 

文字を移動したい場合には「ツールボックス」の移動から行います。

※文字を移動する際には、文字のレイヤーを選択している必要があります

 

保存したファイルが使えない場合

gimpは「保存」を行うとxcfという拡張子で保存されてしまいます。

このファイル形式は、WordPressで画像として扱うことができません。

 

そのため、下の画像のように名前を付けてエクスポートを選択した後に

png/jpgで保存することで、ブログに掲載することができるようになります!

 

がつおの公式LINE@

LINE@では記事ネタの提供やブログノウハウに加えて、ブログについての音声相談や記事添削の募集を不定期で配信しています。

また、LINE@に登録すると以下のような特典が受け取れます!
気になった方は、ぜひ友達追加をお願いいたします。

特典1:4ヶ月で月収10万を達成したブログノウハウの公開

LINE@登録者限定で、ブログのノウハウ資料をまとめたサイトを公開します。

サイトでは、4ヶ月で月収10万を達成した際のノウハウを全て解説。
現在でも私が実践しており、放置で月30万円達成した際にも使っていた手法です。

特典2:最高16万PV!1記事10,000PV越えキーワードの紹介

私が過去に1記事で1万PV以上を稼いだ記事のキーワードのまとめです。

ジャンルについても、映画・ドラマ・アニメ・ゲームetcと多数!
もちろん、4ヶ月で月10万円、放置で月30万円達成した際の記事についても紹介しています。


また、この記事では私のキーワード選定時の思考を解説しています。
つまり、1万PVを越えるキーワードを選定した際の頭の中が全て見れるということ。

当時は私のブログのドメイン力も非常に弱かったため、始めたばかりの方でも実践できます。

特典1とあわせて、月10万を達成できる内容となっています。

特典3:節約術の限定公開

私が普段活用している
  • Amazonの買い物を10%安くする裏技
  • ソシャゲの課金を15%安くする裏技
について、解説した記事をみることができます。